任意売却 7つの費用

任意売却に必要な手数料

今から取る行動 ・離婚の際に確認するべき事
住宅ローンの名義が夫婦共有か?また、連帯債務や連帯保証人となっていないかを確認する事。
共有名義などで連帯債務になっている場合は今後の支払い区分をどうするか等を決めておかなくてはなりません。
また、奥様との共有名義等になっている不動産を任意売却をする為には奥様の売却同意も必ず必要となってきます。
残された時間 夫婦間の問題は時間が経つにつれ悪化していきます。
一刻も早いご相談をオススメいたします。
残された時間は一般的には住宅ローンを滞納してしまってから約3ヶ月~6カ月程です。
このまま放置すると 奥様にも迷惑がかかってしまうからと消費者金融等から借り入れをすると、利息が膨らみ借金過大となって、気付けば生活が火の車となってしまいます。
そうなると結局は奥様にも督促がいくようになり、迷惑がかかってしまいます。
任意売却すると 住宅ローン残が大幅に圧縮できる他、近隣にも極秘に処分が出来ます。
また、残った残債務についても今後の生活を考慮したコンサルティングを致します。
直接奥様とお話が出来ないのであれば、弊社がご夫婦の間に入り、奥様にも任意売却のメリットをご説明してご納得を頂けるよう説得させて頂きます。
まだ奥様と同居している場合は、自宅の売却代金の中から引越費用の捻出も行いますので自己資金の負担なくお引越しも可能です。
任意売却費用 0円
おすすめプラン 新生活サポートプラン・スピード売却プラン・引越付きプラン
売却完了予定期間 2ヶ月~6カ月

任意売却以外で費用が必要なケース

  • エリア
    大阪府枚方市
  • 性 別
    男性
  • 年 齢
    45歳
  • 形 態
    中古マンション
  • 職 業
    正社員
  • 使用プラン
    引越付プラン

担当コンサルタント:佐伯

  • 経 緯

    夫婦で働いておられましたが夫婦共、給料が減った上、毎日の生活費・教育費で赤字。貯蓄も底をつきました。住宅ローンの滞納となり、その間に夫婦間で離婚という話になりました。自宅を売却したいけれど、滞納も重なり任意売却という方法があることを知り、多々任意売却の業者がある中、一番わかりやすかった管財ソリューションにお電話を頂きました。

  • 結 果

    夫婦共有名義でしたので、依頼を頂いてから多々打ち合わせをし、今後の夫婦別々での生活資金の計画をご提案しました。引越代も捻出でき、夫婦別々とはなりましたが、新しくそれぞれの人生を踏み出せることが出来ました。
    何より、お互いの気持ちの整理が出来たのではないでしょうか。

  • 解決 STEP1 管財ソリューションだけの 7つの任意売却プラン
  • 解決 STEP2 管財ソリューションの 最強の専門家をご紹介